Natsuko Blog [Life is water...] / LAB SURF & TRAVEL

Surfing in gold coast AUSTRALIA

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆From Australia☆


↑サーファーズのフォーカス前



↑この看板、意味わかりますか??
ここに犬入れたら罰金です!!この看板いろんなビーチにあります。



久々の更新です。ほんとゆるくてすみません・・・。



先週いっぱいずーーーーっと波が小さくて、インターネット見る限り静岡のほうが断然波ありましたね。



こちらは大体、膝~胸MAXでした。昨日なんて完璧フラット!!冬型決まった日の静波状態でした。(これ、静岡の人なら「なるほどぉ!」ってなってるはず。(^▽^;))



上の写真は朝3くらいの風はいり始めたフォーカス前。

セットは胸くらいで多分先週一番サイズあったかな・・・。でも、よれてるからあんまり・・・って感じでした。



ってことで先週の私ですが、なんだかドタバタでした。

週明けはいつもと変わらず朝海に行き、友達の(外国人ね)お家に遊びに行ったのですがそこからスタート!!



私はこっちに来てからとにかく英語が話せないのはつまらない!!と思って日本人以外の友達を作ろうとシェアメイトは外人。

なるべくいろんな国の人と話したりしているのですがこの日、この外国人の友達と夕食を一緒に作ろうてなことになりました。



が、ひょんなことから軽いけんかになったのですがそれがまた、完璧な言葉の壁・・・。お互いスーパー勘違いのすれ違い。私も一生懸命説明するものの言葉のボキャブラリーの少なさにいいたい事の半分も伝えられず、挙句の果てには「あぁ!!!日本語なら全部伝えられるのに!!!」って言ったら友達が鼻で笑いながら「当たり前でしょ??冗談言わないでよ。」と留めの一言・・・。これに急に悲しくなった私は友達のために持ってきた日本の調味料をばたばたと袋に詰めてそのまま帰宅。



ひたすらもどかしさと悔しさでたまらなくなりました。

こちらに来て本当に言葉が通じない苦しさを感じながらも早く壁を取り除きたいと思っていただけに自分の気持ちが表現できないのはたまに孤独感にも近い感情として私にのしかかっていたんだと思います。



次の日の朝、波も小さいしあまり乗り気にならないのでサーフィンはオフにするつもりでしたがいつものようにバルコニーから海を眺めているとライディング中のサーファーが見えて、こんな憂鬱なままじゃダメだと思い、フォーカス前に向かいました。



海の中には大勢の日本人と少しのオージー。そこに1人の上手いオージーサーファーが入ってきて、全然良くないはずの波でめちゃくちゃいいライディングを連発。同じタイミングで沖に戻るときその子が話しかけてきてくれて、「名前は何?」、「学生?仕事?」、「どこに住んでるの?何して働いてるの?」お互いに簡単な会話。後は波はどうだこうだとか波が来ると「GO!!GO!!」とか騒ぎながら盛り上げてくれてなんだか、昨日の言葉の壁のストレスからサーフィンを通じて言葉がなくても一緒に楽しめるという気持ちに切り替えさせてもらえたような気がしました。



その日は、元シェアメートのヴェロニカとディナーの約束。

夕方に待ち合わせ場所に。



彼女はカナディアンでライフセーバー。20歳のヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!女の子なんだけど考え方がとてもしっかりしていて一緒にいて本当に楽しい。この日のディナーは2人のお気に入りのイタリアンレストランへ。



私は昨日の友達との喧嘩についてヴェロニカに話して、ヴェロニカはここ最近の自分のことを私に話してくれました。

でも、そこでさらに出来事。

まだもう少しオーストラリアにいるはずだったヴェロニカですが次の日にノースストラディーに行きその後1週間後にはカナダに帰ることになったと言うんです。ヴェロニカは「今、とてもナーバスになってる。もう帰らなくちゃいけないって思ったら寂しいし、今日でナツコと会えるのも最後なんだと思うと・・・。」と悲しそうな顔で話していました。

私も、ヴェロニカのことが大好きだし私にとって初めての出来た外国人の友達でした。とても、寂しかったし帰らないでほしかったけど、私はヴェロニカが帰る理由を知っていただけに何も言うことは出来ませんでした。



一緒に暮らしているときにヴェロニカが一度泣いてしまったことがありました。私は意味がわからず「どうしたの??」とあわてて聞くとカナダにいるお母さんがガンになってしまった。ということでした。幸いガンは取れば大丈夫だしお母さんもヴェロニカには帰ってきてほしくないと言っていたようですが離れて暮らす母親の知らせにヴェロニカは動揺していたのを覚えています。それから彼女はパースに行き、またこのサーファーズに戻ってきましたが、常にそのことを気にしていたようで今回、予定より早い帰国を決めたようです。



私は、彼女に何もしてあげられないけど思い出は残してあげたい。とっさに「ヴェロニカ、グローワーム見たことある??」

と土ボタルへ行くことを思いつきました。

ヴェロニカははじめ普通の蛍と勘違いしていたようで家に戻って暖かい服をピックするついでにインターネットで彼女に説明。

「こんなの見たことない!!最高じゃない!!」とヴェロニカもテンションアップ。小さい懐中電灯を持ってナチュラルブリッジに向かいました。



サーファーズから車で約1時間半。風景は森と牧場と星だけ。

遠くにぽつんとQ1言うサーファーズ1高いビルが見えます。途中で車を止めて星を眺めるとミルキーウェイが今日もしっかりと流れていました。

でも、少し月が明るくて満天とまではいかない様子。

ヴェロニカと帰りには月がもう少し傾くからもう一度帰りに見ようとさらに山奥に向かいました。



ちょっとドライブにあきた頃、ようやく看板が。「ナチュラルブリッジ」に到着。



入り口には大きな観光バスが1台と個人で来ているであろう車が1台。

観光の人いっぱいなのかなぁ、などと話しながら入り口の案内標識を見ながら周りの様子を伺ったのですが、どうやらその観光バスも帰る所だったようです。私たち以外、1組だけ。



「通常ならもっと多くの人たちが来るにラッキーだね。」

なんていいながら暗闇を2人で腕を組みながら歩き始めました。ホントに肝試しのような状態です。

「女の子2人で来るのは怖いね・・・。」なんていいながら周りの自然も見る余裕なし!!早歩きで土ボタルのいる洞窟へ向かいました。



そして洞窟の中へ・・・。



ヴェロニカははじめて見る土ボタルに感動。

「Wow・・・。」となんだか言葉を失っているような。しかも、私たちの最後の夜にもうひとつステキな思い出が。



ナチュラルブリッジの洞窟の中に落ちる滝を綺麗に照らす月の光が一筋になって洞窟の中に降り注いでいました。

後で、地元からの友達のたけし君にその話をするとなかなかそういった状況は見れないとか。私たちにとって忘れられない思い出となりました。



帰り道、ヴェロニカといろんな話をしながら帰りました。

私とヴェロニカはお互いまた日本で会おうと約束しました。



「ヴェロニカは本当に初めて出来た違う国の親友だしこれからもずっと仲良くしたいと思ってるよ。だから、あなたが日本に来たときには私がいろんなところに案内するし必ずまた会いたいね。」



「私もナツコが日本に帰った最初の春に日本に1ヶ月くらいくつもりだよ。そして、私にとっても初めて出来たアジア人の友達だよ。カナダに帰ったらみんなに言うよ、私の友達の日本人はチョークールだって!!」



最後にヴェロニカの住むノビービーチまで送り、さよならをしました。

次に彼女と会えるのは1年後か、2年後。



でも、必ず会いたいと思います。彼女に支えられたことは大きかったし、彼女が英語を話すことに躊躇う私に「Don`t be shy!!」といつも背中を押してくれたこと、英語をバルコニーで遅くまで教えてくれたこと、日本語を覚えたいと一生懸命練習していたこと。ヴェロニカに出会えて本当に良かったと思います。



Dear:Veronica



Thank you for everything.

You are my best friend.You were so kind.I don`t forget you.

When we meet in Japan Let`s go to surfing again.

I hope We make happy each other.

Take care,C U!!

Kisses.



↑ヴェロニカと最後に撮った写真。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Natsuko Shibata


Author:Natsuko Shibata
オーストラリア、
サーファーズパラダイス在住。
静岡県静岡市出身。
静岡市駿河区にあるサーフショップLAB SURF&TRAVELでライダーをさせていただきながらワーキングホリデーでオーストラリアに来豪。
その後もオーストラリアの波に魅せられ、今も日本に帰らず!
サーフィンのこと、オーストラリアのこと、日々の生活のことなどを書いています。

↓lab surf&travel のHPはこちらをクリック!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。