Natsuko Blog [Life is water...] / LAB SURF & TRAVEL

Surfing in gold coast AUSTRALIA

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆From Australia☆


↑水曜日の新聞の一面



こちらに来て初めて

シャークアタック

のニュースを見ることとなりました。



事故があったのは火曜日の朝。

場所はサーフポイントで人気のバリナです。

ライトハウスビーチと新聞には出てました。サーファーの間ではレギュラーの波がちょー有名なノースウォールのことのようです・・・。

実際に私も静岡のみんなで先月入りました。





被害者は地元の16歳の高校生、ピーター君。

学校前の時間に友達のカーティス君とサーフィン(彼らはボディーボーダー)をしに行き、運悪くシャークアタックにあってしまったそうです。



この日はチョッピーコンディションの1.5mほどの波で海を出たのは8時をまわった頃。海の中で助けを求めるピーター君に気付いたカーティス君はピーター君の周りをぐるぐる回る大きな黒い影を確認したにもかかわらず、必死でパドルアウトし彼を助けたそうです。

彼は「本当に怖かったけど彼を助けなければと思った、多分自分の下にサメがまだ潜んでいただろうけれど自分の友達を守らなくてはとそれだけを考えた」と新聞の取材に答えていました。



カーティス君は70mほどパドルしピーター君のもとに行きましたが彼は血でいっぱいの海の中ですでに意識不明だったそうです。もたつきながらも必死に岸まで戻り病院に運ばれたのですが残念ながらピーター君は還らぬ人となってしまいました。



記事には州ごとのシャークアタックの件数が載っていたのですがサメが非常に多いイメージのサウスオーストラリアやヴィクトリアを押さえて1番がニューサウスウェルズで254件(内、致命的な被害が73件)、2位がなんと私の住むクイーンズランドで234件(致命的な被害72件)最後のアタックは2006年、ノースストラディーとこれまた私の家の近くのポイントでした。これはもちろん、ただサメの数などから出る数字ではなく、一般的に海水浴などをしやすい暖かい地域ではそれだけ大勢の人が水辺に集まるためこのような数字になっているんだと思いますが、このオーストラリアで1番心配だったサメのことだけに正直かなり怖かったです。



ここ、数日サーファーズはあいにくの雨模様で気温もぐっと下がってみんな長袖必須と言った状況です。

海も、南風のチョッピーでビーチはいまいちの状況です。

人気の無いビーチは今のところ極力避けたいですね・・・。



スポンサーサイト

Comment

 

沈む話ですね~

有効な対策はないのかな~?



話は変わり

ジョンバトラートリオをゲットできそうです。

今日は腰胸で楽しめました。
  • posted by  
  • URL 
  • 2008.04/11 21:09分 
  • [Edit]

 

こんちわ!

3月終わりにお世話になりまして

その節はありがとうございました。

飲みに混ぜてもらったり、

いい板にもめぐり合えたり、

ナツコさんのおかげで楽しい思い出できましたよ



毎日サーフィンうらやましいですねぇ

おっそろしい記事が出てますが、気をつけてくださいよ~



ジョンバトラー、ジャックジョンソン、おれも好きですよ~

今日は、ジャックジョンソンのライブで~す!!

  • posted by たけ 
  • URL 
  • 2008.04/12 11:47分 
  • [Edit]

 

タムタムタム( ̄^ ̄)
  • posted by  
  • URL 
  • 2008.04/12 15:46分 
  • [Edit]

 

私がフィジーに行った時に、現地ガイドからシャークアタックに関して、対処法として説明された内容が、とにかく怪我して少しでも血を流したらすぐに海から上がる事、自分だけではなく、周りの人にも迷惑がかかるため。鮫の習性として、最初は必ず自分の周りを周回すると、その時、騒がない・バシャバシャ海面を叩かない・できればじっとしていると、そうするとアタックしてこない場合もあると。その後体を反転させて、腹を海面にしてあごを天井に向けて真っすぐ向かって襲ってくるので、そうしたらサーフボードのノーズをおもいっきり口につっこめということです。その後はもう運を天に任すということでした。その状況でそこまで冷静でいられるかは、相当な個人差と余裕があるかは、疑問ですが!ちなみに私はアタックにはあいませんでしたが、遠くに鮫とかわいいイルカは見ました。幸いにポイントがコーラルリーフで少し浅く、シャローだったため、鮫も浅瀬にはこれなかったようです。鮫に関してはよかったんですが、その代わり体は生傷だらけでした。去年悲しい事に、フィジーのガイドの友達がシャークアタックに会い、命には別状はなかったようですが、重症をおったようです。

オーストラリアも鮫が多いでしょうけど、南アフリカのJベイあたりはもっと多いようです。

めったにはないとおもいますが、オーストラリアを満喫するためにもNatsukoさんも気をつけてちょーだいねん!
  • posted by Legend 
  • URL 
  • 2008.04/12 18:18分 
  • [Edit]

 

本と沈みます・・・。

でも、確率的にはかなり低い話なのでこれでサーフィンしないことも無いのですがビーチに行くとライフセーバーが「シャークアタックがあったから気をつけろ!」ってマイクで放送するんで気が気じゃないです・・・。気をつけろったってねぇ。



久しぶりのシャークアタックでの死亡事故だったのでみんな誰もが知っているようでした。

また、こちらではB・Bを「シャークビスケット」っていうらしいです。おやつですか・・・。



たけさん、このページみてくれたんえすねぇ!!ありがとうございます。日本でのサーフィンどうですか??

こちらではほんと短い期間でしたが仲良くなれて楽しかったです!!

また、日本で?オースで?とにかく2人に合える日楽しみにしてますね♪また、コメントまってます!!



レジェンドさま・・・

やっぱり、ある意味日本の海は安全です。

海外のどこにでもシャークの問題はあるんですね。

でも、あいつらにはかなわないっす・・・!!!

最低限、気をつけながらサーフィンですね。
  • posted by natsuko 
  • URL 
  • 2008.04/15 07:56分 
  • [Edit]

 

変態が乗ってるの ビスケットだよ やばいかも! 変態だから襲われないかー逆に襲っちゃうかなぁー
  • posted by 変態 
  • URL 
  • 2008.04/15 22:34分 
  • [Edit]

 

シャークも、あえて変態は避けるはず!!

むしろ、変態のテンションで追っ払ってほしいっす!!

ミュータント・ビスケット!!(突然変異ビスケットね。)やっちゃいなよ!!
  • posted by natsuko 
  • URL 
  • 2008.04/16 09:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Natsuko Shibata


Author:Natsuko Shibata
オーストラリア、
サーファーズパラダイス在住。
静岡県静岡市出身。
静岡市駿河区にあるサーフショップLAB SURF&TRAVELでライダーをさせていただきながらワーキングホリデーでオーストラリアに来豪。
その後もオーストラリアの波に魅せられ、今も日本に帰らず!
サーフィンのこと、オーストラリアのこと、日々の生活のことなどを書いています。

↓lab surf&travel のHPはこちらをクリック!


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。